REPORT

2020.10.08 (Thu)

cinéma bird in 北海道2019 開催レポート

 

プロジェクトの第7弾となる「cinéma bird in 北海道2019」が9月15日(日)にむかわ町四季の館たんぽぽホールで行われました。昨年の北海道胆振東部地震の影響によりしばらく利用できていませんでしたが、今年6月に再開し、この日が復旧後初めての大規模なイベント開催となりました。

 

 

ウェルカムライブでは齊藤工さんとシンガーソングライターの古賀小由実さんが舞台に上がり、「to U」や「八月のテクニカラー」などを歌い、

今回のMCも務めるUHB北海道文化放送のアナウンサー、千須和侑里子(ちすわゆりこ)さんもバイオリン奏者として参加して頂き、「カントリーロード」を演奏して頂きました。

ライブの後は、短編映画『映画の妖精 フィルとムー』の上映。サプライズゲストとして、女優の板谷由夏さんにお越しいただきました。

 

今回お笑いライブで登場してくださったのはお笑い芸人の永野さんとトムブラウンの布川ひろきさんとみちおさん。

こちらも客席を爆笑の渦へと巻き込み、上映後も会場を盛り上げて頂きました。

その後は古賀小由実さんによるライブ演奏。クールダウンの時間としてゆったりしてください、と客席に優しく語りかけ、「この街のマーチ」を披露して頂きました。

 

映画上映の後は、MOROHAのMCアフロさん、ギターのUKさんが舞台に上がり、

パフォーマンスを披露。今までとは空気ががらりと変わり、会場全体がMOAROHAが創り出す世界観に包まれていました。

 

スペシャルゲストとしてご参加頂いた北海道出身の大政絢さんと一緒に出演者全員でお客様をハイタッチでお見送りしました。

 

 

あっという間の一日。この日この場所で同じ映画を見て笑ったり泣いたり、色々な想いを共有できたという記憶がいつまでも皆さまの心に有り続けますように。

cinéma birdはまた次の地へ飛び立ちます。