CONCEPT

同じ空間で感動を共有するコト。

       

日本中から映画館がどんどん減っています。
コロナ禍を受けそれは更に加速しています。
天災によって劇場がなくなってしまった地域もあります。

劇場体験をしないまま大人になっていく子供達。
劇場で映画を見ることがなくなってしまった大人達。

cinéma birdはそんな地域の人たちに
ソーシャルディスタンスを守りながら
同じ空間で感動を共有する大切さを伝えるために
映画+ライブというフェスティバルのような体験を
鳥のように自由に届けるプロジェクトです。

 

現在、withコロナ afterコロナに対し
ドライブインシアター等も含め
徹底した対策を期して開催の再開を目指しています。

SCHEDULE & REPORT

   

cinéma birdに寄せらせた応援メッセージをご紹介します。敬称略:50音順

ミュージシャン
Chara
俳優
高良 健吾
写真家、映画監督
蜷川実花
お笑い芸人
サンドウィッチマン 伊達みきお
お笑い芸人
サンドウィッチマン 富澤たけし
俳優
綾野 剛
俳優
向井 理
俳優
別所哲也
映画監督
行定 勲
Chara ミュージシャン

私の⽗は鋳物職⼈で
アーティストの先⽣たちの、イマジネーションのお⼿伝いをする仕事をしてました
私は何故かしら⾳楽が⼤好きな⼦供に
ふと、振り返ったら
⽗の職⼈気質引き継いでいるな〜と感じて
⼤⼈が本気で信じる物を形にしていくのって⼤切なんだと思います。
映画⼈は、映画で⼈のピュアなイマジネーションをお届けする役割で
私達、⾳楽⼈はそれで
⾳を作る時にはいつも、⼼に映像が⾒えるもの
cinéma bird いいネーミングだな
私が参加した沖縄のビーチサイドでの⿃の巣(勝⼿に移動する渡⿃みたいなイメージですcinéma bird。。違うのかもだけど)
⾃然と⼈とアートが共⽣して響きあいたいです
また、参加したいな
素敵だったからね
愛を感じましたよ
→cinéma bird in 沖縄 2018

高良 健吾 俳優

なんの映画だったか、なんで上映されてたか忘れてしまっているけど、小学生の夏休みの時、体育館で映画を観たことがある。
蝉の声とか、暑さの方が覚えているけど忘れられない思い出。
cinéma birdでしか味わえない
映画を体験する、空間を共有することのドキドキがあると思います。
cinéma birdは思い出になる。届きますように。
→cinéma bird in 熊本 2017

蜷川実花 写真家、映画監督

小さい頃父や母に連れていってもらった映画館は特別な場所だった。
あっという間に日常から連れ去ってくれる特別な場所。
cinéma birdもきっとたくさんの人にとって特別な場所と特別な経験になるでしょうね。
とても素敵なことだと思います。

サンドウィッチマン 伊達みきお お笑い芸人

福島県の相馬にて行われたcinéma birdに参加させて頂きました!
被災地・相馬、原町地区の皆さんの笑顔が忘れられません。
本当に素晴らしい活動をされているなぁと感じました。
斎藤工さんの、俳優ならではの被災地応援活動ですし、映画館が少なくなっている町に『映画』の楽しみを与えて下さる地道な活動を我々はこれからも応援させて頂きます。
→cinéma bird in 福島 2016

サンドウィッチマン 富澤たけし お笑い芸人

子供の頃、初めて見た映画は「ドラえもん のび太の恐竜」。
いまだに覚えています。
次は「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」。
それからジャッキー・チェンの新作が上映される度に映画館に足を運んでいました。
視界に入りきらないくらい巨大なスクリーンの前で、映画の世界に入りこむことができました。
ちょっと強くなった気分になったり、イライラしててもスカッとしたり、ハンパない恐怖を味わったり、でも、映画館を出るといつもの街でいつもの自分に戻ります。
映画館は別世界に行く「魔法の館」。
かっこよくてちょっと変態な工お兄さんがあなたの街にやってきて、きっと素敵な別世界を見せてくれるはずです!
→cinéma bird in 福島 2016

綾野 剛 俳優

斎藤工ほど、心で静かな闘志を燃やしている男は知りません。
彼の行動や、思想や、物語は、はじまったばかりなのだと、いつもスタートラインに立ち続け、ゴールを目指そうとしない姿勢に、役者として、友人として、人として、心に響きます。

向井 理 俳優

この意義ある活動を応援します。
そしてこの輪がより大きく広がることを願います。
さすが工さん。

別所哲也 俳優・「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」代表

工くんから、「移動映画館をやりたいんです!いや!やるんです!」と聞いたのは、彼がショートフィルムの監督をして僕の主宰する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」に参加してくれた時のことです。
シネマ愛に溢れる彼が自ら行動して始まったこのプロジェクト。
有名無名関係なく、映画を愛する気持ちを移動映画館で届け、感動を分かち合う!
そのシネマチックモーメントはきっと掛け替えのない体験に時間になるはずです。
素晴らしい活動です。
俳優・ACTORは、まさに ACTION ! 行動する人!なんです。
そして、ACTIVIST! 活動家なんです!
工くんは、まさにそのど真ん中の活動をしているのです。
映画もスマホやタブレットで楽しめる時代。
映画体験の選択肢が増えている時代だからこそ、映画の劇場体験を大切にしたい。
映画はヒカリの絵の具でできた魔法時間です。
感動を分かち合う時間を作りたいと思って、僕も国際短編映画祭を始めました。
彼の中に共通の情熱そして信念、そして何より僕以上の行動力を感じます。
PASSION MISSION ACTION!
どうぞ皆さん!工くんと一緒に感動時間のシネマチックトラベルを移動映画館と共にお過ごしください。

行定 勲 映画監督

cinéma birdは映画の力を信じている斎藤工の映画愛と優しさが詰まった素晴らしい映画との邂逅の場だ。私もくまもと復興映画祭のディレクターを務めるようになってより映画を信じる気持ちが深まった。映画を見終わった後の観客の輝いた目に触れられる幸せはこの上ない。
映画人は映画で人の心に寄り添うのが一番。まさにそれを行動に移す斎藤工の実行力とボランティア精神に心から敬意を表します。この小さな映画祭が続いて行くことを切に願います。
→cinéma bird in 熊本 2017

NEWS

MOVIE

cinéma bird